ぺい

渋谷系アドテクエンジニアの落書き

絶対に仕事を安請けしない

安請け合い・安請合い

( 名 ) スル
確信もないのに請け合うこと。また、軽々しく引き受けること。 「 -して後で困る」

大体出来るけど、安請けしない

仕事をやっていると、「これ出来る?」という話が結構出てくる。大体出来るんだけど、すぐに「やるよ」とは絶対に言わない。

課題解決は大小問わず、脳が疲れる

何も考えずに「やるよ」としてしまうと、いま進めているメインタスクから、脳を切り替える必要がある。個人的に違う仕事に切り替えるは、スーパー重い処理だと感じている。もし、そのタスクが終わったとしても、削れた集中力はもう戻ってこない。

※緊急度の高いバグとかは別です。時間問わず対応します。

「やるよ」ではなく、「なんでやるの?」を議論する

既存の仕組みでなんとかなることもあるので、すぐ出来る解決策を検討する。既存の仕組みだと出来ない場合は、「なんでやるの?」をヒアリングする。そして、絶対やった方がいい!ってなったら、やる。かもしれない。それくらい、何かの仕事を中断してまでやるってのは重い決断だと思っている。

やるとき

大体の場合、メインで進めているタスクが終わったら、次やろっかに落ち着くことが多い。けど、それで良いことが多い。なんでかっていうと、既に優先度が高い仕事をやっているので、逆転することはそうそう起きない。