ぺい

大阪の専門学生の落書き。主にエンジニア寄りの話。

builderscon 2017 Tokyo 控えめに言って最高だった

builderscon.io

行ってきました!大満足でした!

buildersconとは?

公式サイトに以下のようにあります。

buildersconは「知らなかった、を聞く」をテーマとした技術を愛する全てのギーク達のお祭りです。 buildersconではトークに関して技術的な制約はありません、特定のプログラミング言語や技術スタックによるくくりも設けません。 必要なのは技術者達に刺激を与えワクワクさせてくれるアイデアのみです。

あなたが実装したクレイジーなハックを見せて下さい。あなたの好きな言語のディープな知識をシェアしてください。あなたの直面した様々な問題と、それをどう解決したかを教えてください。未来技術のような未知の領域について教えてください。

buildersconに参加して、あなたの情熱をシェアしてください!皆様のご参加をお待ちしております!

f:id:tikasan0804:20170805200427p:plain

ノベルティのTシャツはこんな感じでした。いい感じですね。

なぜこのカンファレンスは面白いのか

このカンファレンスは、特定のテーマはあるものの、言語やフレームワークや設計思想など発表内容に、ほとんど縛りがありません。なので、多種多様な発表が凝縮されていて、常に発見があります。何かの技術をテーマとしたカンファレンスが面白いのは当然ですが、こういった全く違う趣向のものも面白いなと率直に感じました。

どんなセッションがある?

builderscon.io トップレベルで変態なセッションでした。内容はタイトルからは分からないくらい高度で、最後には会場全体が「すげえ・・・」ってなってました。

builderscon.io メルカリのバナー作成をUI含めて自動生成するというすごそうなツールのお話でした。作るのにかかる工数をどこまでに抑えるか、今後どのような展開が予想されるかなど、様々な意思決定や実際に組んだコードの意図なども含めて話があり、メルカリのエンジニアすげえ・・・って感じでした。

builderscon.io 正直僕には難しすぎて、鼻水が出ました。ただただすごいです。

builderscon.io 大規模サービスになると何が辛いんだっけみたいな話から、具体的な解決パターンなどが詳しく解説されていて、かなり参考になる話でした。これは一度見直さなければ・・・という感じのセッションです。

builderscon.io Slack社のSlackのコア部分がPHPで構成されていて、それは一体どのようにしてトラフィックに耐えているのか、またどのようにして、パフォーマンス向上を実現したのかについてのセッションでした。
主にHHVMとPHP7についての話でした。(Slackは最終的にHHVMを採用しました)このセッションは最後の質疑応答が非常に面白かったです。中でも以下の回答が秀逸でした。

セッション動画

www.youtube.com 今後恐らくここに順次アップされていくと思われます。他にも見たいセッションがたくさんあったので、アップされるのが楽しみです。

まとめ

次回は参加するだけではなく、何かLTでも良いので発表出来たらなと考えていたりします・・・。
主催の@lestrratさん、運営の方々、スポンサーのみなさん。ありがとうございました!本当に良かったです。